フジマ

STORIES Vol.056~060

Vol.056

一生に一度の写真

ベルゼ 川嵜 真希子

8月のお盆のこと、ベルゼの結婚式で弘中智行君担当のM様という結婚式がありました。
新郎、新婦とご両家の家族そして親戚の30数名の披露宴でした。
その披露宴は申し込みから施工までの期間が短く、連日のように弘中君が一生懸命に打合せを行いました。その間友達のように親しくなっていた弘中君は、当日は難しい披露宴の司会、進行までを行いました。
楽しく、和やかに宴も無事終了し、後は当日の記念写真などをお届けするはずでしたが・・・

数日後、営業会議の最中に一本の電話が入りました。馬嶋様からです。
しかも大変申し訳なさそうにです。会議終了後、弘中君はすぐに出掛けていきました。
しばらくして会社に戻った彼が『副支配人、相談が・・・』と言うのです。
どうしたのかと訳を聞いてみると、結婚式で流れを記録するスナップ写真の撮影を受けていたが、当日の披露宴にはカメラマンは手配していなかったというのです・・・最悪!!!!

結婚式は一生に一回。その記念日の写真が無い!!
その報告を受けてすぐM様の新居に駆けつけましたが不在で、その日1日何度も足を運びました。
夜の10時頃だったと思います。やっとM様のお宅に明かりが灯り訪問が叶いました。
しかし、夏休み中でご親戚の子供さんが遊びに来ていて、お風呂に入れておられるようで会えませんでした。そこで一旦会社に戻り電話を待ちました。

しばらくして馬嶋様の奥様より電話を頂き、お詫びをさせて頂きました。
その会話の中で『私たちの結婚式は、申し込んで余り日にちが無かったにも関わらず、弘中さんには本当に一生懸命に打合せをして頂いて、わがままも快く引き受けて貰い、出席者みんなから良い披露宴だったと言って貰いました。
それだけ弘中さんに良くして頂いて、本当はスナップの件は言わずにおこうと思っていたんです。
出席してくれたみんなの写真があるから、それで・・・』とのコメントでした。ありがたいことです。
そして弘中君もよく頑張ったと思います。

後日披露宴にご出席のゲストの方が撮影されたスナップ写真とネガをお預かりし、依頼を頂いたスナップアルバム風に編集をさせて頂く対処をお伝えした所、あきらめていたアルバムが出来るという事で大変喜んで下さり、反対にお礼まで言っていただきました。
翌朝、交代勤務の旦那様にお会いしてお詫びしたところ、弘中君の接客が本当に親切だったのだと思います、お許しを頂きました。
担当者として新郎新婦の為に本当に一生懸命に取り組んでくれた彼の気持ちが、大事に至らずに済ませたのではないかと思います。

感  謝 

Vol.057

皆さんの店のレジの中は綺麗でしょうか?

              ~「物」に対する感謝の気持ち

のん太鮨下松店 濵中 一恵

先月の社内大会で花一輪賞を受賞した、ベテランホール嬢S.Jさんは、土日の夜等、『ソフト君お疲れ様!』と言いながら、ソフトクリームの機械を磨いています。
その他にも、「物」に敬称を付けて呼びながら、労いの言葉等を掛けています。
その光景を見る度に“自分もかなり疲れているはずなのに、そのように「物」に対して声を掛けられるなんて・・・思いやりがあるなぁ”と感心します。

ある朝私は、Sさんのこの様な良い所を花一輪で紹介しようと思いながらレジを開けていると、ふと、レジの中のお札や硬貨を入れるところに、埃や小さなゴミがぎっしり詰まっていることに気がつきました。
そしてすぐ、“当たり前だなぁ”と思いました。
これまで毎朝レジの外側ばかり磨いて、中は一度も掃除をしたことがなかったのです。
レジは、毎日毎日、お客様の組数以上の回数を開閉しています。
汚れていて当たり前、疲れていて当たり前だったのです。すぐにきれいに拭きました。

Sさんの言うように、私たちが仕事をして疲れるのと同じように、「物」も毎日疲れていると思います。
私もSさんを見習って、ただ掃除するのではなく、その「物」に感謝の気持ちを持ちながら、きれいにしていきたいです。

Vol.058

仲間の姿に刺激され

さざん亭防府店 中村 英太郎

10月のある日、竹内トレーナーとさざん亭岩国店に立ち寄りました。
私と竹内トレーナーがお店に入った時には、すでに満席に近い状態で、濱田店長は公休、山本副長は寿司場で一生懸命オーダーをこなしておられました。

始めは客席で皆さんの動きを見ていたのですが、次第に竹内トレーナーのにこやかな顔に暗雲が立ち込め・・・あ~という感じ。私は竹内トレーナーに『手伝いましょうか?』と一声かけました。
しかし1回目は『え~え~、座っておきなさい。』と言われましたが、2回目に同じことを言うと二人で顔を見合わせ『手伝おう!!』となりました。

私は、岩国店の皆さんの一生懸命働いておられる姿、さらには回りのことも考えながら、常にみんなに指示を出し、すし場を切り盛りされておられた山本副長の姿に感動しました。
そして何より山本副長がお店をみんなで盛り上げようと、元気一杯であったことに大きな刺激を受けました。

今まで冷静さに捕らわれていて自分に疑問を感じ今一つ殻から脱皮できないでいた私は、山本副長の姿を見て何か道が見えてきたようで、とても嬉しかったです。
私は、山本副長から元気と明るさを頂いたような気持ちになりました。

翌日、防府店のパソコンにお礼のメールが入っていました。
そして、ビックリしたことに、濱田店長から『昨日はありがとうね。』と電話が入ってきました。
お礼を言われるとは思わず、なんだか照れくさい気持ちでした。

以前、のん太鮨山口店の清水店長の花一輪で、「これから会社を担う若い社員の皆さん、悩んだり迷ったりした時は<仲間>が居る店に行ってみよう。そしてお互いが時には元気をもらい、時には元気を与え、頑張っていこうではありませんか。」という文がありましたが、まさにこのことだと思います。
岩国店のみなさん!!ありがとうございました。

Vol.059

濱田店長どこへ行く

              ~さざん亭のウルトラマン

さざん亭柳井店 T.Y

ある夕方のことです。その日、私は公休でしたが、後でその話を聞きとても感動しました。

ホールには、山本店長とUさんの二人で、渡辺副長はすし場で営業していました。
ピークが早くおとずれ、バタバタしていて大変だったそうです。
たまたま、さざん亭岩国店の濱田店長のご家族が食事に来られていました。
とても、忙しくて、料理を組めなくて大変だった時に、濱田店長がすくっと立ち上がって、どこかに行かれました。山本店長は“濱田店長、何処にいかれるのかしら”と思いながら、仕事をしていました。

ふと見ると、濱田店長はディシャップ台のところに立っていました。
渡辺副長は、寿司を置く皿を取ろうとして、屈んで立ち上がろうと前を見た瞬間、私服姿の男の人がいたので驚いたそうです。よく見ると、濱田店長だと気づいたそうです。
そして、濱田店長は料理を組みだしました。お客様は待ってはくれません。
みんな、一丸となって営業をしました。ピークが途切れ、渡辺副長もホールに出てくると、何もなかったかのように濱田店長はご家族がいる席へ戻って行かれたそうです。

数日後、山本店長が竹内トレーナーにこの事を話したら、竹内トレーナーがこんな話をしてくれました。
現在、のん太鮨山口店の清水店長がさざん亭モール周南店の店長だった時の話です。
その日、モール店は忙しくて大変だったそうです。
たまたま、食事をされていた濱田店長が裏へ回り、『手伝おうか!』と言いながら、手を洗ってすし場に入ったそうです。その姿に清水店長は感動したそうです。
『自分だったら、もし食べに来ていて、忙しそうだからといって手伝う事はできない。』と竹内トレーナーに話していたそうです。

その話を聞いて、“濱田店長カッコイイ”と思いました。食事に来たのにもかかわらず、その店の事をいつも気にしてくれている・・・さざん亭のウルトラマン的存在(^。^)濱田店長の仕事姿を見たかったです。

濱田店長、本当に助かりました。ありがとうございました!ますます、濱田店長の事が好きになりました。

Vol.060

念願のオムツ替えシート完成

さざん亭徳山店 石田 純司

昨年12月初め、Y様といわれる徳山店の常連様から社長宛に1通の手紙が届きました。
内容は、「子どものおむつを替えたいけど、そのような場所を作って頂けないでしょうか?いつも車に戻り、おむつを替えているので・・・」ということでした。

子どものおむつ替えの件は、以前から問題になっていることで、業者に見積を依頼したこともあります。
女性の手洗い場の壁を壊すなどする為18万円とのことでした。
金額が高いので、何とか自分たちの手でおむつ替えシートを作ろうと思い「無い頭?」をしぼり考えました。

まず、モール周南やサンリブに設置してあるおむつ替えのベッドを思いつき、モールの担当の方に価格をお尋ねしました。その方は親切に色々なサイズのベッド・台などの金額をファックスして下さいました。
しかし、値段はともかくサイズが大きく、とても手洗い場に入る物ではありませんでした。

そんなことをしている時、臨店に来られた社長からいいヒントを頂きました。
「折りたたみの台を作り、その上にベビー籠を乗せたら・・・」という案でした。
早速ベビー籠を手に入れようと店の従業員に聞いて回り、使わなくなった籠をホールのスーパーママTさんから頂きました。
次に、台をどうしようと考えた結果、ナフコで折りたたみの台が4,980円でありました。
また、トイレは床がタイルなので滑るだろうと、台の脚に滑り止めのカバーを5個(420円)を取り付けました。これでようやく、さざん亭におむつ替えシートが完成!!

お客様に知って頂こうと、レジの横と、女性お手洗いに「お知らせ!おむつのお取替えの必要なお客様はお気軽に接客員までお申し付け下さいませ。」と張り出しました。
あまり利用されないだろうと思っていたのですが、結構利用される方が多く驚いてしまいました。
おむつ替えのシートは、通常は台をたたみ、籠はレジの後ろに置き、お客様から声がかかってから台を広げ、籠を持って行っています。
おかげでお客様とのコミュニケーションもとれます。
先日はお手紙を出されたY様がご来店になり、『お待たせ致しました。おむつ替えシートができました。』と言うと、ニッコリと笑って頂きました。

どうしたらお客様が喜びまた足を運んで頂けるか?を常に頭に置き行動をしていかなければならないと感じさせられました。
本気で考えればきっと何でもできると信じて・・・(ちょっとカッコ良かったかな?)。18万円のおむつ替えシートが5,670円でできました。是非【1%のこだわり大賞】を特例でさざん亭徳山店にお願いします。

1